ipadでposを利用してみよう【パパっと精算ハイテク機能】

レジ

シェアリングシステム

シェアリングシステムとは

レジ

なんとなく意味が分かりそうでよく分からないシェアリングシステムにつきましてですが、これは通称TSS、タイムシェアリングシステムの事を指している場合が多いです。 まずはそれを前提に、タイムシェアリングシステムが一体何なのか、簡潔に説明させて頂きます。 コンピューター上で何らかのデータを処理している事を加えて前提とさせて頂きますと、まずその処理に掛かる時間を短い単位に分解し、それぞれ異なる利用者(ユーザー)やプログラムに適当に割り当てる事で、効率的に処理を行えるようにする事。 これが所謂タイムシェアリングシステムです。大きな作業を多数で分担すれば一人一人手掛けなければならない作業量は少なくなるといった事と似ていますね。

このシステムが出来るまで

ただざっくりとタイムシェアリングシステムについて見ていくだけでは面白くないし、頭にも入ってきません。ですから、このシステムが出来上がっていくまでの大まかな歴史を紹介していきます。 そうすれば少しはイメージが掴みやすいですしね。 歴史は遡る事50数年の、1960年代。今でこそ誰もが可能な事ですが、当時のコンピューターは、一人で占有するにはあまりにも高価で出費が多くありました。 携帯電話が分かり易いですね。非常に高価な上に、何といっても大きい。現在のそれと比べると凄まじい差異です。 そしてコンピューターも例外ではなく、やはり巨大だったのです。 巨大だったからこそ、それを小さくしていくという発想が生まれたのかは筆者の勝手な想像ですが、ともあれその時代に、タイムシェアリングシステムという技術が発生したのです。